30代で4回目の転職なら

30代で4回目の転職を迎える場合、多くの企業では「なぜ過去に何度も職場を変えたのか」を尋ねられます。転職回数とその理由については、多くの人が聞かれたくない項目ではないでしょうか。もちろん正当な理由があれば良いのですが、人間関係や体調不良など一身上の都合があったり、あるいは給与が低いなどの理由で退職した場合は、それをどのようにして企業側に納得してもらうかがカギになります。

人によっては転職時にブランクが長いことや、在職期間が短いことを説明しなければならない場合もあります。在職期間が短いと企業にとっては定着率の低い人材とみなされがちですから、自己都合で辞めた場合でも正当な理由として伝える必要があります。

面接時はほとんどの企業で転職経験とその理由について尋ねられますが、回答が多少長くなったとしても、正当な理由や転職を考えた時の素直な気持ちを回答するようにしましょう。さらに、今回の転職で目指しているものをより具体的に明示すると、理解を得やすくなります。転職回数が多いことを自己アピールの中で一度内省してみる方法もありますが、面接では終始前向きな気持ちでいることが大切です。

多くの企業では、20代で1〜2回、30代以上で3〜5回以上の転職からが「多い」と判断されているようですが、最近では転職回数にとらわれず、その人の人物像やスキル、実務経験などを考慮する企業も増えてきています。特に離職率が高い業界や中途採用が多い業種、職場などでは回数を不問とすることもあり、4回目の転職を迎える方はあらかじめ転職回数にこだわらない企業をチェックしておくと良いでしょう。

30代の人材は、企業にとってはいわゆる「即戦力」になります。そのため、過去の業務を活かし、いかに会社に貢献できるかをアピールすることも一つの有効な方法になります。3度も職場を変えているなら、それぞれの環境で培った経験やスキルが必ずあります。それらを踏まえて自分自身がどう成長したか、また今後どのように貢献できるかをまとめておき、話せるように準備しておくと安心です。

30代で転職経験が3回以上となると、そろそろ限界ではないか?という不安も出てきます。しかし、やりたいことや生きがいなどの理想や、年収アップ・キャリアアップを目標としている方にとっては回数は問題ではありません。20代の頃には見えなかった自分のやりたい事がはっきりと見えるようになれば、それは転職にふさわしいタイミングと言えるのではないでしょうか。

30代で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら