30代で3回目の転職なら

30代で転職を行う場合、履歴書や職務経歴書に必ず転職回数と経験を記載しなければなりません。日本の就職・転職市場には、職場を変えた回数が多ければ多いほど敬遠されるというイメージが根強く、実際に転職市場でも何度も職場を変えている人は採用されにくいと言われています。

やはり転職回数が多ければ、それだけ企業にとっては「定着しにくい人材」と考えられ、採用に二の足を踏んでしまう可能性があります。それでも最近では転職回数にとらわれず、1度や2度なら不問としているところも増えてきています。また3回以上の転職回数がある方でも、具体的なビジョンが定まっていたりスキルが身についていれば、採用へと繋がるケースもあります。

多くの企業では、30代以上の応募者は大体3回以上の転職経験で「多い」と感じるようです。1度や2度ならまだしも、3度も職場を変えるということはそれだけ何か悩みやトラブルがあったのではと慎重になりやすいのです。しかしそれでは、せっかく身につけた実務経験やキャリア、ノウハウなども活かすことができず、転職回数ゼロの他の人が採用されてしまい、自分の良さを活かすことができません。

そこで、転職回数が3回を超えている方は、転職経験にとらわれない自由な気風の職場を選ぶか、推薦書を書いて応募先企業にアプローチを行ってくれる転職エージェントなどを利用されることをおすすめします。特に人材の動きが速い業界などは転職についてあれこれと詮索しない企業が多いですし、能力や人柄など経験以外を大事にしている企業もおすすめです。転職エージェントを利用すれば、さらに効率的に転職活動が進み、専門のコンサルタントに適宜アドバイスを受けながら活動を進めることもできます。

30代以上の方の転職は、人生を大きく決定づけるターニングポイントでもあります。したがって、業務をスムーズに開始し、末長く働くためにも、転職回数や経験を深く掘り下げたり、経験だけで人を決定づけるような企業は避け、それぞれの理由や状況をしっかり見てくれる企業を優先的にピックアップすると良いでしょう。もちろんアピールできる部分は存分にアピールし、双方が満足のいくかたちで採用へ繋がることがベストです。

たとえ3回目の転職であっても、明確にキャリアについてのビジョンが定まっていれば企業に通じていきます。今までの転職は無駄ではなく、すべて自分自身のスキルに繋がっているということをしっかりとアピールし、ポジティブに印象付けることが大切です。

30代で転職するならココ!

対応エリア 料金 会社名
全国 無料 株式会社リクルートキャリア
詳細・登録はこちら